最新情報

第60回長野県看護学生看護研究発表会

2018年11月20日

平成30年11月8日(木)、キッセイ文化ホールにおいて「第60回長野県看護学生研究発表会」が行われました。日々の実習では時間をかけて自分の行った看護を振り返ることはできず、私は本当に患者さんにとって良い看護ができたのか、自信を持てずにいました。しかし、今回の発表会に向けて準備をしていく中で、患者さんを家族と同じように大切に思い、看護をすることができていたと気づくことができました。発表はとても緊張しましたが、実習中、看護を導いてくれた先生、文章をまとめるにあたって夏休みも協力してくれた先生方、質問を考えてくれたクラスメイト、一緒に練習してくれたチームメンバーには本当に感謝しています。

<3年 久保田>

DSC03116.JPG

 

看護研究発表会では、様々な事例を通して、自分ではあまり思い浮かばないような関わり方や、その関わりからどのような効果が生まれるのか等を知ることができました。また、この場面では自分だったらどうするだろうと考えたり、この事例とは違う場面ではどう思うだろうと考えたりすることで、より深く学ぶことができたと思います。関わり方によって患者や家族に与える影響は大きく変わってくると思うので、これらの関わりを参考にしながら、自分なりの看護を考えていけるようにしたいです。

<2年 根井>

DSCN5999.JPG