最新情報

3年生 精神看護学実習 7月

2018年08月08日

緊張と不安を抱え実習を迎えた私たちを、患者さんたちは笑顔で迎えてくれました。日々患者さんと関わる中では、私たちに笑いかけてくれたり、話しかけてくれて、その中で患者さんの思いを聞かせてくれて嬉しく感じました。それと同時にたくさんのことを教えていただきました。最初に企画したレクリエーションでは、体育館で行おうと考えていましたが、病棟にいる患者さんの身体面を考えると暑い中で行うよりも涼しいデイルームで行った方がいいのではないかと考え、企画しなおしました。また、簡単すぎず難しすぎないゲームを考えたり、患者さんが安全にできるように椅子に座って行えるゲームを考え、実施しました。そうした中で不安もありましたが、患者さんが盛り上げてくれ、笑顔で楽しかったと言ってくださり、学生や病棟スタッフも一緒に楽しめるレクリエーションになりました。患者さんからの素直な気持ちを聞き、私たちも素直な気持ちを伝えていく関わりが大切であるということも学びました。また、その学びから素直な気持ちを伝えようと思えるようになりました。

<3年生 2グループ>

30-7001(モザイク).jpg

 

30-7002.jpg

 

30-7003.jpg