最新情報

3年生 精神看護学実習 6月

2018年06月15日

実習初日、緊張と不安いっぱいで病棟を訪れると、患者さんたちは笑顔で手を振って迎えてくれました。そのことに私たちは驚くと同時に、今まで思っていた精神科のイメージが変わりました。私たち3グループは、あじさいの咲く6月に実習をさせていただきました。あじさいの花言葉は結びつき・団結です。患者さん、スタッフの皆さん、学生・・・様々な人とのつながりを感じ、レクレーションを楽しんでもらおうと、体育館でのミニ運動会を企画・実施しました。参加者全員の協力や臨機応変な対応により、レクを最後まで行うことができました。患者さんの笑顔や真剣に取り組む姿が一生懸命で、その場にいる全員が楽しめました。実習最終日には、感謝の気持ちを込めて作ったあじさいのカードと、患者さんからもらった幸せな思い出をメッセージにし、プレゼントしました。患者さんから「ありがとう」「がんばってね」などの言葉をいただき、とてもうれしく思いました。この実習を通して、心を病んでいても一人ひとりが素敵な才能で溢れていると感じました。そして、感じていること思っていることを素直に伝えることの大切さを学ぶことができました。

<3年生 3グループ>

1枚目.jpg 

 

2枚目.jpg

 

3枚目.jpg