学校案内

学校長挨拶

「看護師を目指す」皆さまへ

松本看護専門学校は明治43年に看護婦講習所として創立され、以来100年を超える歴史を有し、数多くの看護師を輩出して地域の保健、医療、福祉に貢献しています。

急速な少子高齢化、日進月歩の医療技術の進歩、国民の健康に対する意識の高まりなど、私たちを取り巻く社会環境、医療環境は大きく変わろうとしています。そのような時代の変遷とともに、看護師として活躍する分野も拡大されてきています。そこでは人々の多様なニーズに応えることのできる、知識や技術をもった看護師の育成が強く求められています。

本校は看護師として必要な専門的知識・技術を修得するとともに、生命の尊厳に対する高い倫理観に加えて、豊かな人間性をもった看護師の育成を目指しています。「看護師を目指す」皆様の夢が実現できるよう、教員一同で支援いたします。

学校長 杉山 敦

あなたの可能性への挑戦、応援します

アートには、“技術”と“芸術”の2つの側面があります。看護は「人間に対する働きかけ」のための“技術”であり、看護をする人はアーティストなのです。

看護専門学校での3年間は、学習と臨地実習を通じ「看護とは何か」を探究し続けます。

特に実習では看護について必死に考え、受け持ち患者さんを通じて多くの事を学びます。そうすることで看護師と言う仕事に就くために努力する姿勢を身につけていきます。

「できる」とか「できない」ではなく、「やる」か「やらない」かだと私は思います。それを決めるのはあなた自身であり、教員たちはその決定を全力で支えます。どんな時でも「今、あなたができることを精一杯やる」こと、そうすれば結果は必ずついてきます。

「看護師になりたい」というあなたの可能性への挑戦、応援します

副学校長 田島 由美子